ベースは尾行

素行調査を探偵や興信所に依頼する場合に大抵は二人一組でスタッフが行動をすることになりますが、一人での調査になるとターゲットに不審がられてしまう可能性があるというものです。

プロの調査業者に依頼する場合に共通しているのは尾行をするという点ですが、尾行はターゲットの後をつけて行動を監視するというもので浮気や不倫などを調べている場合はラブホテルなどに入っていく姿などを尾行によって画像で残すことができるとそれが十分な証拠になります。

個人でも尾行してターゲットを調べることが可能になっていますが、個人の場合だとターゲットと知り合いの場合は勘付かれてしまうのでターゲットとの関係性が深い場合は非効率的になります。

素行調査においてベースになる尾行ですが、ただ後ろをついて歩くだけでなくプロになるとカモフラージュをしながら自分に警戒心を持たれないような技術も駆使します。

ただし、ターゲットになっている人は自分に秘密があるため、普段以上に敏感になっていることも想定されるので、かなり上手に尾行をしないと途中で知られてしまう可能性があるため注意が必要になります。

素行調査は気になる相手の秘密などを知るためや配偶者の浮気などを調べるために依頼する人が多くなっていますが、末路はハッピーエンドになることよりもバッドエンドになることが多いので、調べるだけでなく調べた後にどのような結末が待っているかということを意識することも重要になります。

違和感を与えずの聞き込み

素行調査は身近な人をターゲットにすることが多いので、自分ですると知られてしまうリスクが高いので大抵の場合は探偵や興信所などプロに依頼することになると思いますが、探偵や興信所などの調査業者はそれぞれが独自に用意している調査ツールを活用することで効率的に調査を進めていきます。

基本的な調査方法としては尾行や聞き込みなどになりますが、尾行に関してはターゲットをつけて行動を監視するというもので、危機感や警戒感などが薄れているターゲットであれば尾行だけでも十分な証拠が出てくることもありますが、警戒感などが強い場合は勘付かれてしまって証拠が出ないこともあります。

その場合は尾行ではなく聞き込みによってターゲットの情報を収集していく方法を取ることになりますが、聞き込みはターゲットに関係のある人に対して聞き込みをして情報を引っ張り出すというものです。

問題は聞き込みする人がターゲットと近しい関係にある場合で、聞き込みされたということがターゲットの耳に入ってしまうと素行調査されていることに気付かれてしまい、その後の調査に支障が出てしまう可能性があります。

そのため、聞き込みをするスタッフには違和感を与えることなく上手に聞き込みをすることがポイントになってきますが、案件によって聞き込みの重要度や秘匿性などは異なってきます。

リスクが高い調査でもあるため、浮気や不倫などを調べる際にはあまり聞き込みをすることはありません。

ネットの活用

素行調査の方法にはいろいろありますが、最近はインターネットが普及していることもあってインターネットを使って調べることも多く、特にターゲットがSNSなどをしている場合はそこから調査のヒントを得ることができる場合もあります。

SNSは人との付き合いがどのようになっているかということが可視化されているため、相互の関係性などを知ることができるようになっていますが、これをヒントにすることによって調査に役立てることも可能になります。

メールやラインなどのやりとりを知ることができる場合はこれ以上ない素行調査の有効な証拠になり得るのですが、本人の許可なく見ることは探偵や興信所がすることはできないのでなかなかメールやラインの情報などを知ることができません。

ただし、ターゲットとの関係が近しい人であればそれが可能な場合もあるので隙をついて情報を調べる方法もあり、特に浮気や不倫などを疑う場合は証拠になるやりとりが残っている可能性

もあります。

また、本人が投稿してなくても掲示板などを調べる中でターゲットに関する情報などが掲載されているケースもあるので、探偵や興信所のスタッフは尾行や聞き込みだけでなくインターネット上にあるターゲットの情報を細かくチェックして調査に役立てています。

素行調査にはさまざまな案件がありますが、共通しているのはターゲットの秘密を知るということはそれ相応のリスクがあるということで、調査が終わった後のことも考えておく必要があります。